Worker voice

先輩インタビュー

先輩インタビュー
渡部 太登

機械工

1年目入社

渡部 太登

入社のきっかけ

震災があった時3月11日は中学の卒業日でした。高校を卒業前、就職活動をしている時に学校の求人票で日東工業を見かけました。ここでなら地元で復興の力になる仕事ができると思いましたので新卒で入社しました。

仕事の中身

無事故・無災害で楽しく作業しています。先輩たちには仕事の覚えが悪く迷惑をかける時もありますが、優しくフォローしてくださったり、わかるまでしっかり教えてくれます。メリハリをつけて時には優しく、時には厳しく指導してくれます。早く先輩方のように仕事を覚え会社に貢献していきたいと思います。

今度の目標

点検した設備が点検後にきれいになって、通常時のように起動した時はやりがいを感じます。仕事の進め方や問題点を先輩方や上司に相談や指示を仰ぐことが身につきました。

仕事のやりがいと会社で身につくこと

全国、世界的に注目させている現場で社会貢献していきましょう!復興に少しでもつながるために技術を身につけ、一生懸命一緒に働く仲間募集してます!

1日のタイムスケジュール:発電所

8:00

社内朝礼 当日の作業予定、安全注意事項、諸連絡

8:10

元請朝礼 ラジオ体操後、当日の作業予定、安全注意事項、諸連絡

8:25

現場へ移動しTBM-KY

TBMとは職長を中心にして、その日の作業の内容や方法・段取り・問題点について短時間で話し合ったり、指示伝達を行うもので、その際、現場の工具箱(ツール・ボックス)に座って行うことがあることからこのような名称がついています。作業する対象を直接確認しながらできるので効果的です。

KYは「空気読めない」ではなく、危険予知活動の略。

当日の作業の危険要因を抽出し(予知)、もっとも危険と思われる要因の対策を全員で検討し、その日の行動目標とします。

8:45

作業開始

12:00

昼休み

作業班長(作業指揮者)は翌日の作業予定の作成と作業で使用する資機材の手配等を行います。
また、木曜日等決められた曜日には週間工程を作成します。

13:00

午後の作業開始

作業班長は、元請施工管理者と翌日の作業の打ち合わせを行います。
週1回、週間工程会議を行います。

17:00

SSM(作業終了時ミーティング)~終業

トップへもどる